【自己肯定感向上コーチング】それをやる人・できる人だと相手を扱う

2019年8月20日

自己肯定感向上コーチ・マインドフルネススペシャリストのあかるか(@akalka_coaching)です。


相手をやる人・できる人だと扱う

 

人は扱われたようになる

「相手をどう扱うか」は、人を育てる上で必須の観点です。

 

「相手をどう扱うか」という表現だとわかりにくいかもしれないので、例を挙げてみます。

 

例えば、何かにチャレンジしようとしている人がいるとします。

あなただったら、その人にどんな声をかけますか?

 

「あなたならできるよ!応援してるね」(相手をやる人、できる人だと扱う)

「そんなことして大丈夫?心配だな」(相手を不安のある人、不十分な人だと扱う)

「そんなことあなたにできるの?」(相手を可能性の小さい人だと扱う)

 

いかがでしょうか。その他の声掛けをする人もいるかもしれません。

場合による、という人もいるかもしれませんが、傾向として自分がどんな言葉を掛けやすいかを知っておくのは今後人と関わる上で大いに役立ちます。

 

相手にどう扱われるかは自己肯定感に影響を及ぼす

小さいころに、大人からかけられた言葉で「やる気がみなぎった!」という人もいるかもしれません。

反対に「自分には無理なのか…」と自分に自信が持てなくなった人もいるかもしれません。

どう扱われるか、どんな言葉をかけられるかは、良くも悪くも人の考え方や行動、そして結果に影響を及ぼします。

私は20代前半にコーチングを伝える講師・コーチになったのですが、もともとは人前で話すことさえ避けてきた人生でした。

ですが、あるとき私が話すトレーニングをしているのを、尊敬している人に見てもらったときに「すごい可能性を感じるよ、あなたなら(やりたいと思ってることが)できると思う」と言ってもらったのです。

 

その言葉から、お世辞や勇気づけようとしているのではなくて、本当にそう思って言ってくれていることが伝わってきて、「私にはやれるんだ!」と、自然と自分への信頼が生まれたのでした。

 

コーチは、「相手をやる人」として扱う存在です。

それは何か根拠があるからそう扱うのではなく、人の可能性を信頼しているからコーチとして関わる人に常にその立場(「相手をやる人」として扱う)で向き合うのです。

この過去の体験は私のコーチとしての大きな背景になりました。

 

そして、コーチとして色んな経験を積む中で、へこたれることがあっても、「私にはやれる!」という想いが背中を押してくれて、ありたい姿や目標に向かって行動を続けることができました。

まったく経験も実績もない状態から、コーチ・講師として経験を積み、企業研修や個人コーチングを行い、やりたかったことを形にしている。一緒に働きたいと思っていた人たちとコラボレーションして活動している。

11年前の自分が見たらきっとひっくり返って驚くような環境で仕事ができているのも、(自分の頑張りやこれまでのことがあったことはもちろんですが、)あのとき私のことを「やる人、できる人」として扱ってくれた人のお陰だと感じています。

 

「それをやる人・できる人だと相手を扱う」

人を育てたい人、育てている人は、ぜひこの観点をもって相手に向き合ってみていただけたらと思います。

 

「自分をやる人・できる人だと扱う」

そしてこの観点は自分にも通用します。

「自分をどう扱っているか」振り返るとしたらいかがでしょうか?

 

もし何かをするときに、「自分にはできない、難しい」など思うようなら、新しい観点を取り入れるチャンスです。

 

何か未知なことにトライする機会が今後あったら、ぜひ自分のことを「やる自分・できる自分」として扱ってみていただけたらと思います。

 

根拠はなくてOKです。

そう(やる自分・できる自分だと)扱うことから、すべてはスタートします。

*****************

●10/12(土)-14(祝・月)瞑想イベント『自由に 楽しく 瞑想する』開催します。
詳細・お申し込みはこちらをご覧ください。 

●自己肯定感向上コーチ・マインドフルネススペシャリスト あかるかのコーチングセッションはこちらよりお申し込みいただけます。
個人向けのメニューはこちらでご覧いただけます。

●Instagramをはじめました。よろしければご登録をお願いいたします!

*****************

【自分らしくいるためのセルフケア】役割や立場をいったん置いて、そのままの自分で過ごす時間をもつ

2019年8月18日

自己肯定感向上コーチ・マインドフルネススペシャリストのあかるか(@akalka_coaching)です。

 

そのままの自分で過ごす時間をもつ

 

立場や役割から意識的に自由になる

平日も休日もなにかと役割や立場があるものではないでしょうか。

仕事での役割や立場
社員として
リーダーとして
上司・同僚・部下として
etc…

家庭での役割や立場
父・母として
夫・妻として
娘・息子として
孫として
etc…

その他の場面でも、さまざまな役割や立場が存在します。

 

それらが自分が望んで選んだものであってもそうでなくても、もしかしたら、その役割や立場があることで苦しさを感じることも時にはあるかもしれません。

 

そんなときは下記を試してみることをおすすめします。

 

そのままの自分で過ごす時間をとる

役割や立場を意識的にはずして、そのままの自分で過ごす時間をとります。

 

区切りをつけたほうがいい人は、

「今から○分間はただ自分だけの時間を過ごします」

と自分に宣言してもいいでしょう。

 

時間の制約はありません。5分間でもOK。

役割も立場もなにもない。ただ、そのままの自分で過ごします。

毎日ちょっとの時間でもやってみるとリフレッシュになります。

 

ときには何も背負わず、何も持たずにひと息つくことも心身に、そして命にとって必要な時間です。

 

*****************

●10/12(土)-14(祝・月)瞑想イベント『自由に 楽しく 瞑想する』開催します。
詳細・お申し込みはこちらをご覧ください。 

●自己肯定感向上コーチ・マインドフルネススペシャリスト あかるかのコーチングセッションはこちらよりお申し込みいただけます。
個人向けのメニューはこちらでご覧いただけます。

●Instagramをはじめました。よろしければご登録をお願いいたします!

*****************

【質問4つ】自分の価値観を知る

2019年8月17日

自己肯定感向上コーチ・マインドフルネススペシャリストのあかるか(@akalka_coaching)です。

 

今日は自分の価値観を知るための質問をご紹介します。

これは、生きていく上で自分がどんなふうに物事を考えたり感じているのかを探る質問です。

 

頭の中で考えてもOKですが、メモに書きだすことで視覚化できて後で見返すことができますし、回答を覚えておく必要がないので1つ1つの質問にしっかりと取り組みやすくなるため、書き出すことをおすすめします。

リラックスできる環境で行うのがより効果的です。

 

それでは下記に4つの質問をご紹介します。

 

自分の価値観を知るための質問4つ


①何をするときに嬉しい/嫌だとを感じますか?


②許せないと感じることは何ですか?


③今一番大切なものは何ですか?


④自分にとっての幸せとは何ですか?

 

いかがでしたか?

 

人はそれぞれ異なる価値観をもっています。

たとえば、質問①については近しい回答だけれど、質問②は全く違う、という人同士もいるでしょう。

 

自分の価値観を知っておけば何かを選ぶ時の軸がはっきりします。

また、人それぞれ異なる価値観をもっていることを知っていれば、価値観の違う者同士だということを理解し肯定した上でどう関わるかを考えることができます。

 

何より、自己肯定感をはぐくむには「自分の理解」をしていくことも大切な要素です。

 

何度この質問に取り組んでもOKですし、答えはその時々で変わるかもしれません。

ときどき時間を見つけて、これら質問に取り組んでみることをおすすめします。

 

*****************

●10/12(土)-14(祝・月)瞑想イベント『自由に 楽しく 瞑想する』開催します。
詳細・お申し込みはこちらをご覧ください。 

●自己肯定感向上コーチ・マインドフルネススペシャリスト あかるかのコーチングセッションはこちらよりお申し込みいただけます。
個人向けのメニューはこちらでご覧いただけます。

●Instagramをはじめました。よろしければご登録をお願いいたします!

*****************

【自己肯定感向上コーチング】「思うようにいかない」と感じていることを書き出してみる

2019年8月16日

自己肯定感向上コーチ・マインドフルネススペシャリストのあかるか(@akalka_coaching)です。

 

「思うようにいかない」と感じていることを書き出してみる

 

頭の中だけで考えていると堂々巡りしやすい

なにか思うようにいかないことがあるとき、頭の中だけでなんとか解決しようとすると解決や前進はなかなか困難です。もしそれが複数ある場合はなおさらです。

なぜかというと頭の中だけで考えるとぐるぐると堂々巡りしやすく、気持ちもネガティブに傾く傾向があるからです。

 

 

さらに、あれこれ考えていたら疲れてしまったという体験はありませんか?

実は、脳はあれこれと考えている状態(マインドワンダリングと言います)が一番エネルギーを消費するため、たとえ一日じっとしていても、頭の中でぐるぐる考えていたらどっと疲れるのです。

 

文字にすることで頭の外に出す

そこで今日ご紹介するのは『「思うようにいかない」と感じていることを書き出してみる』です。

 

「一体何について思うようにいかないと感じているのか」を書き出すことで頭の中が整理されたり、次の手が打ちやすくなります。

 

書き出してみると、

  • 思うようにいかないと感じているもの
  • なににストレスを感じているのか
  • 自分はどうしたいのか
  • どんな手が打てるか

などが捉えやすくなります。

 

ポイントは頭の中だけでやらずに紙に書くこと。

携帯のメモ機能でもOKです。

 

実際にやってみて、書き出すだけで気持ちが軽くなったという人も。

 

 

もちろん、対処しようとしても思ったとおりにいかないこともあるかもしれません。

そういったことがあるのも自然なことですので、適度にリラックスしながら手を打てるものに着手していけたらいいですね。

 

頭の中がぐるぐるした時に、また毎日のセルフケアのためにも、『「思うようにいかない」と感じていることを書き出してみる』をぜひ試してみてもらえたらと思います。

 

*****************

●10/12(土)-14(祝・月)瞑想イベント『自由に 楽しく 瞑想する』開催します。
詳細・お申し込みはこちらをご覧ください。 

●自己肯定感向上コーチ・マインドフルネススペシャリスト あかるかのコーチングセッションはこちらよりお申し込みいただけます。
個人向けのメニューはこちらでご覧いただけます。

●Instagramをはじめました。よろしければご登録をお願いいたします!

*****************

【自己肯定感向上コーチング】自分自身の味方になる

2019年8月15日

自己肯定感向上コーチ・マインドフルネススペシャリストのあかるか(@akalka_coaching)です。

 

自分自身の味方になる

 

自己否定が自己肯定感を下げる要因になる

失敗したり、思うようにいかない時に、後悔したり落ち込むことは誰にでも起こりうることです。

大切なのは、失敗したときに「自分にどんな言葉をかけているかどうか」を意識することです。

失敗したときにこんな言葉を自分にかけていませんか?

  • なんて自分はだめなんだろう。
  • ほかの人はできているのに自分はできていない。
  • きっと自分には能力がないんだ。

これらは「自己否定」の言葉がけです。

 

「自己否定」は、自己肯定感を下げる要因になります。

つい自己否定しがちだという方には、下記の方法をおすすめします。

 

自分自身の味方になる2ステップ

①自己否定に気づく
②味方として自分に声をかける

 

①自己否定に気づく
まず大前提として、否定したくなる感情は誰にでもあり、「自分を責めてしまう」自分のことを否定する必要はありません。

 

ポイントは、自己否定している自分に気づくこと。

「あ、今自分を否定していたな」「ダメ出ししていたな」と気づくことが第一歩です。

 

②味方として自分に声をかける
思うようにいかず自分を責めてしまう時は、以下の質問を自分に投げかけてみます。

 

「自分自身の味方になるとしたら、いま自分になんて声をかけるだろう?」

 

 

イメージは「自分にとって大切な人を力づける」感じです。

自分に友好的になって、自分自身が力づけられるような言葉がけをしてみましょう。

 

自分への言葉がけが変化することで、自己肯定感の向上に繋がります。

 

失敗は誰にでもあること。

そこからどう次に繋げていくかがポイントです。

自分にとってその失敗が「糧」になるような受け取り方をしていけるように、今回のステップを実践していただけたらと思います。

 

*****************

●10/12(土)-14(祝・月)瞑想イベント『自由に 楽しく 瞑想する』開催します。
詳細・お申し込みはこちらをご覧ください。 

●自己肯定感向上コーチ・マインドフルネススペシャリスト あかるかのコーチングセッションはこちらよりお申し込みいただけます。
個人向けのメニューはこちらでご覧いただけます。

●Instagramをはじめました。よろしければご登録をお願いいたします!

*****************

【自己肯定感向上コーチング】途中経過を認める

2019年8月13日

自己肯定感向上コーチ・マインドフルネススペシャリストのあかるか(@akalka_coaching)です。

途中経過を認める

 

目標達成志向が生み出す苦しさ

目標を立てると、目標を達成することで頭がいっぱいになって苦しさを作り出すことがあります。

 

例えば、ダイエットして5キロやせるが目標の場合。
5キロやせるまでは以下のようなことをしたりしませんか?

  • 人からがんばりを認められても、「いや~まだまだなんです。」とつい流してしまう。
  • 思い通り行動できなかったときに自分を責める。
  • 目標達成したらはじめて喜べると思っている。

これらは目標達成しない間じゅう、苦しさを作り出す要因となります。

 

 

  • 今の自分を認められない。
  • 目標に向けて頑張っていると苦しくなってしまう。

そんな時に下記の方法をおすすめします。

 

途中経過を認める

途中経過を認めることで「着実に前進している自分」を認めることになり、励みにもなります。

ダイエットだったら、「はじめてから2キロやせた」と振り返る。

これもひとつの結果ですよね。

途中経過でも、結果が出たら喜んでいいのです。

 

前進している自分を認めることで、さらに次に進む活力が湧いてきます。

途中経過を認める、ぜひやってみてもらえたらと思います。

 

*****************

●10/12(土)-14(祝・月)瞑想イベント『自由に 楽しく 瞑想する』開催します。
詳細・お申し込みはこちらをご覧ください。 

●自己肯定感向上コーチ・マインドフルネススペシャリスト あかるかのコーチングセッションはこちらよりお申し込みいただけます。
個人向けのメニューはこちらでご覧いただけます。

●Instagramをはじめました。よろしければご登録をお願いいたします!

*****************

【自己肯定感向上コーチング】何を受け入れるかは自分で選んでいい

2019年8月12日

自己肯定感向上コーチ・マインドフルネススペシャリストのあかるか(@akalka_coaching)です。

 

他者から投げかけられる言葉を、何でも受け入れて苦しくなることはありませんか?

今日は、そんな時に役立つ「自己肯定感向上コーチング」をご紹介します。

何を受け入れるかは自分で選んでいい

 

相手の言葉をそのまま受け入れる苦しさ

相手に言われたことに違和感があったとしても、相手の方が正しい気がして受け入れた体験はありませんか?

たとえば、

  • あなたって変わってるね。
  • その考え、違うと思うよ。
  • このやり方の方が正しいよ。
  • あなたって〇〇に似てるよね。

など、相手に言われたことを「そうなのかな・・・」と受け入れて、自分の感覚や本心を無視すると下記のようなことが起こります。

 

  • 自分に自信が持てなくなる。
  • 感性・感覚が鈍り「自分が何を感じているか」さえも分からなくなる。
  • 相手に答えを求めがちになる。

 

何を受け入れるかは自分で選んでいい

理解する必要があるのは、「相手の意見はあくまで相手のもの」だということ。

一番重要なのは自分がどう感じるかです。

 

もちろん、心地よいものだけ受け入れるのではなく、時には耳が痛いことでも「今の自分に必要だから取り入れよう」と思うこともあるかもしれません。

 

ポイントは「何を受け入れるかはあなたが選んでいい」ということです。

 

相手の意見を無条件に受け入れそうになったとき、ぜひ一度立ち止まって「自分はどう感じるのか」「自分はどうしたいか」を考えてみることをおすすめします。

 

*****************

●10/12(土)-14(祝・月)瞑想イベント『自由に 楽しく 瞑想する』開催します。
詳細・お申し込みはこちらをご覧ください。 

●自己肯定感向上コーチ・マインドフルネススペシャリスト あかるかのコーチングセッションはこちらよりお申し込みいただけます。
個人向けのメニューはこちらでご覧いただけます。

●Instagramをはじめました。よろしければご登録をお願いいたします!

*****************

【すれ違いを防ぐコミュニケーション③】依頼を具体的に伝える

2019年8月2日

自己肯定感向上コーチ・マインドフルネススペシャリストのあかるか(@akalka_coaching)です。

*****************

10/12(土)-14(祝・月)瞑想イベント『自由に 楽しく 瞑想する』開催します。
詳細・お申し込みはこちらをご覧ください。 

自己肯定感向上コーチ・マインドフルネススペシャリスト あかるかのコーチングセッションはこちらよりお申し込みいただけます。

個人向けのメニューはこちらでご覧いただけます。

*****************

Instagramをはじめました。よろしければご登録をお願いいたします!

今日は【すれ違いを防ぐコミュニケーション③】をご紹介します。

それは『依頼を具体的に伝える』です。

相手にお願いしたいことは言葉にしないと伝わらないものですが、関係性が近くなればなるほど、言わなくてもわかってくれるという前提でコミュニケーションしがちに。

 

しかし言わなくてもわかってくれるという期待が、多くの誤解やミスコミュニケーションを生み出しています。

 

もしかしたらお願いするのが苦手という方もいらっしゃるかもしれません。
私たちは大人になる中で、「我慢しなさい!」と言われることはあっても、ほしいものを「ほしい!」と言葉にすることはあまり推奨されませんでした。


ですが、これまで相手への望みを言葉で伝えてこなかったという方も、ぜひ相手に何か希望があるときは「具体的に依頼する」ことにトライしてみてもらえたらと思います。

 

そうすることで、相手もあなたの希望を理解した上でコミュニケーションすることができます。
しっかりと同意をつくることは、良好な人間関係をつくるのです。

 

お読みいただきありがとうございました。

読んでくださる方々の毎日に『しあわせ、うれしい』と感じる瞬間が増えたり、ご自分のことを大切に感じる(自己肯定)瞬間が増えるような投稿をしていきたいと思っています。

*****************

10/12(土)-14(祝・月)瞑想イベント『自由に 楽しく 瞑想する』開催します。
詳細・お申し込みはこちらをご覧ください。 

自己肯定感向上コーチ・マインドフルネススペシャリスト あかるかのコーチングセッションはこちらよりお申し込みいただけます。

個人向けのメニューはこちらでご覧いただけます。

*****************

【すれ違いを防ぐコミュニケーション②】推測しないで聞いてみる

2019年8月1日

自己肯定感向上コーチ・マインドフルネススペシャリストのあかるか(@akalka_coaching)です。

*****************

自己肯定感向上コーチ・マインドフルネススペシャリスト あかるかのコーチングセッションはこちらよりお申し込みいただけます。

個人向けのメニューはこちらでご覧いただけます。

*****************

Instagramをはじめました。よろしければご登録をお願いいたします!

今日は【すれ違いを防ぐコミュニケーション②】をご紹介します。

それは『推測しないで聞いてみる』です。

相手に確認せずに「きっとこうだろう」と推測したことが思わぬすれ違いや誤解を生むことは少なくありません。

歴史上、日本は長らくの間『言わずに察する』ことが自然と行われてきました。
「空気を読む」スキルの高さは世界随一とも言われています。

 

しかし、価値観の多様化をはじめとする変化により、ひとりひとりの考え方などにも違いが生じたことにより『察する・推測すること」自体が機能しないようになってきました。

 

多くのミスコミュニケーションは圧倒的に「コミュニケーション不足」が原因で生じています。
言葉で確認したらそれだけで済むことが、推測で行動することでややこしい状況をつくるのです。

 

ドラマなどを観ていると推測から生まれるミスコミュニケーションがよくあります。
視聴者からしたら「どうしてそこでちゃんと話を聞かないの?」
なんて場面も少なくないのではないでしょうか。

 

ドラマは良いとして、現実の中ではすれ違いを防いで効果的なコミュニケーションをしていきたいものです。
そのためには「推測しないで聞いてみること」が大切です。

 

シンプルだけど劇的な変化を生み出すコミュニケーションです。
ぜひ試してみてもらえたらと思います。

 

お読みいただきありがとうございました。

読んでくださる方々の毎日に『しあわせ、うれしい』と感じる瞬間が増えたり、ご自分のことを大切に感じる(自己肯定)瞬間が増えるような投稿をしていきたいと思っています。

前回のブログはこちら>>【すれ違いを防ぐコミュニケーション①】「一番伝えたいこと」を伝える

*****************

自己肯定感向上コーチ・マインドフルネススペシャリスト あかるかのコーチングセッションはこちらよりお申し込みいただけます。

個人向けのメニューはこちらでご覧いただけます。

*****************

【すれ違いを防ぐコミュニケーション①】「一番伝えたいこと」を伝える

2019年7月31日

自己肯定感向上コーチ・マインドフルネススペシャリストのあかるか(@akalka_coaching)です。

*****************

自己肯定感向上コーチ・マインドフルネススペシャリスト あかるかのコーチングセッションはこちらよりお申し込みいただけます。

個人向けのメニューはこちらでご覧いただけます。

*****************

Instagramをはじめました。よろしければご登録をお願いいたします!

今日は【すれ違いを防ぐコミュニケーション①】をご紹介します。

それは『「一番伝えたいこと」を伝える』です。

遠慮などで、伝えているつもりでも意外と伝えていない一番伝えたい「核」となる部分。

そこを伝えずに遠回しな言い方になっていることはありませんか?

 

例えば・・・

 

子どもとの関わりで

どうせうまくいかないんだからやめておきなさい。

【核となる想い】
失敗して悲しい思いするんじゃないかって心配なの。


ビジネスシーンで
元気?なにか手伝うことある?

【核となる想い】
最近の様子を見ていて、ひとりで仕事を抱えてしまっているのではと心配なんだ。
いつでも相談にも乗るし、何かできることがあったら言ってね。

 

恋人とのやりとりで
最近冷たいよね。

【核となる想い】
最近会えてなくてさみしいからもっと会いたい。

 

人によって伝えたいことの「核」は異なりますが、素直に伝えたり依頼することであっけないほど簡単に伝わったり、状況が好転することも少なくありません。

「一番伝えたいこと」を伝えることをぜひ試してみてもらえたらと思います。

 

お読みいただきありがとうございました。

読んでくださる方々の毎日に『しあわせ、うれしい』と感じる瞬間が増えたり、ご自分のことを大切に感じる(自己肯定)瞬間が増えるような投稿をしていきたいと思っています。

*****************

自己肯定感向上コーチ・マインドフルネススペシャリスト あかるかのコーチングセッションはこちらよりお申し込みいただけます。

個人向けのメニューはこちらでご覧いただけます。

*****************

【継続コーチング体験談】株式会社フードクリエイティブファクトリー 代表取締役 五十嵐豪様

2019年7月30日

【継続コーチング体験談】株式会社FCF 代表取締役 五十嵐 豪様

目的

もっと会社の規模を大きくしたいと思ってセッションを受けました

コーチングを通して得たもの

経営者として自分が外側からどうみられるか、新しい視点を得ました。

経営者の存在感と言葉って、自分では気づかないんですけど
従業員にとっては影響が強くて
それに従業員それぞれは独自の経営者像をもっていて
一定ではないんだなって気づきました。
そこからは一人一人と会話してすり合わせることを大切にしました

今では人員数は変わらずで売上は当時の2倍です。
従業員/役員に残業はなくなり、職場内のコミュニケーションは
互いに言いたいことを言い合えて
経営者の私にとっても、従業員にとっても働きやすい会社に変化しました。

今後は人数も増やして拡大を意図しています。
コミュニケーションの土台がしっかり築けたので
人数が増えても大丈夫、質も落とさないし
人間関係も含めてもっと、もっとよくなるって信頼があります。

あかるかコーチとの関わりに感謝です。

*****************

自己肯定感向上コーチ・マインドフルネススペシャリスト あかるかのコーチングセッションはこちらよりお申し込みいただけます。

個人向けのメニューはこちらでご覧いただけます。

*****************

自己肯定感の高い人の特徴7つ

自己肯定感向上コーチ・マインドフルネススペシャリストのあかるか(@akalka_coaching)です。

*****************

自己肯定感向上コーチ・マインドフルネススペシャリスト あかるかのコーチングセッションはこちらよりお申し込みいただけます。

個人向けのメニューはこちらでご覧いただけます。

*****************

Instagramをはじめました。よろしければご登録をお願いいたします!

今日は「自己肯定感の高い人の特徴」をご紹介します。

自己肯定感の高い人の特徴

①困難があっても何とかなると考える
②意見の違いを尊重する
③失敗しても引きずらない
④ストレス解消の手段を見つけることができる
⑤他人と比較しない
⑥YES/NOがはっきりしている
⑦どんな自分も認める


①困難があっても何とかなると考える

困難にぶつかったときに何とかなると考えられるのは、「その困難に対処できる自分である」とどこかで知っているから。自分への信頼がそこにはあります。

②意見の違いを尊重する

自分を肯定している人は相手のことも肯定できます。自己肯定感の高い人にとっては、意見が違うことは問題ではありません。ただ違うだけなのです。

失敗しても引きずらない

失敗したとき、落ち込んだり悔やむことももちろんありますが長くは引きずりません。それよりは今後どうしていくかを建設的に考える方が大切だとどこかのタイミングで切り替えていきます。

④ストレス解消の手段を見つけることができる

どんな状況においても自分なりのストレス解消の手段を見つけることができます。苦しい状況をそのままにしていくことは自分のためにならないと知っているからです。

⑤他人と比較しない

自分は自分、他人は他人と知っているので比較すること自体にほとんど興味がありません。

YES/NOがはっきりしている

自分の気持ちに正直なため、自分の本心が分からないということが少なく、YESとNOがはっきりしています。

⑦どんな自分も認める

調子がよくても、うまくいかないときでも、自分のことを認めています。結果が出るかどうかと自分の価値は関係ないと知っているからです。

***

お読みいただきありがとうございました。

読んでくださる方々の毎日に『しあわせ、うれしい』と感じる瞬間が増えたり、ご自分のことを大切に感じる(自己肯定)瞬間が増えるような投稿をしていきたいと思っています。

*****************

自己肯定感向上コーチ・マインドフルネススペシャリスト あかるかのコーチングセッションはこちらよりお申し込みいただけます。

個人向けのメニューはこちらでご覧いただけます。

*****************

【マインドフルネス導入事例紹介】コクヨ株式会社 様

2019年7月25日

【マインドフルネス導入事例紹介】コクヨ株式会社様

目的

社内瞑想スペースの活用、マインドフルネス導入による生産性の向上等

 

対象

社員約15名(希望制)

2回に分けてマインドフルネス導入のワークショップを行いました。
1回目を行ったのち、1週間毎日マインドフルネスを各自実践していただきました。

内容

1回目

  1. マインドフルネスの説明
  2. マインドフルネスの実践
  3. 参加者の体験の共有、質疑応答
  4. 1週間行うマインドフルネスの説明

2回目
※1回目の実施から1週間後

  1. 1週間行ってみた参加者の体験の共有
  2. 質疑応答、マインドフルネスのポイントの復習
  3. マインドフルネスの実践
  4. 参加者の体験の共有、質疑応答
  5. 今後継続していく上でのポイント説明

参加者の体験談

・一瞬、外の世界から切り離されて、「自分がただそこにいる」という感覚を得られ、何か楽になった気がした。

・睡眠の質が上がった。

・昼寝をしたようなスッキリ感がすごい。

・3日目ぐらいからコツがわかり、1 週間を過ぎた頃から業務中の集中力が高まり、自分のタスクがオンタイムで進めることが出来るようになった。

・15分でセルフコントロールが簡単に出来るパワーツールだと思う

・思考を分断できると、疲れがたまらない感覚を得た。うまく習得すると週末寝たきりが 解消がされる気がする。

・体の不調や疲れに対して敏感になった気がします。

・仕事始める前にスイッチを入れる感覚でしょうか。 一旦アタマをスッキリさせてから取組めるのでいい感じです!

・意味を理解して取り組んだので自然と受け入れられてすっきりとした穏やかな気持ちに なった。

・未知の体験だったマインドフルネスでしたが、 マインドフルワーク前後のふわーっとした心地よい感覚に驚きました。また、「マインドフルネス」というとただ座って呼吸を整えるだけだと思っていましたが、想像していなかったワークも新鮮でした。
座学と違い、 身体を実際に使うワークはとても良いなと思いました。 自分だけでなく、チームや組織のマインドフルな状態を作るのにどうすればよいか? という視点でもう少し深めたいなと思いました。
マインドフル&コーチングを合わせて色々とお話が聞けるのがすごくよかった です。マインドフルプレゼン、実践してみようと思います。

・以下のような体験がありました。
①仕事のことで夕方から夜寝る前までもやもや考える。
②次の日の朝、マインドフルネスを行う。
③その後の仕事で、前の日から考えていたことがすごく整理できた。

********************

マインドフルネス研修メニューは>>こちら

********************

【プレゼン前などに!】気持ちを落ち着けたい時の30秒セルフケア

自己肯定感向上コーチ・マインドフルネススペシャリストのあかるか(@akalka_coaching)です。

*****************

自己肯定感向上コーチ・マインドフルネススペシャリスト あかるかのコーチングセッションはこちらよりお申し込みいただけます。

個人向けのメニューはこちらでご覧いただけます。

*****************

Instagramをはじめました。よろしければご登録をお願いいたします!

今日は【プレゼン前など気持ちを落ち着けたい時の30秒セルフケア】をご紹介します。

これは緊張やストレスを感じたときにおすすめの方法です。

ステップ①呼吸を整える

胸の位置に両手を軽くおき、目を閉じゆっくりと3回深呼吸します。
胸のあたりを感じながら呼吸します。
座っていても、立っていてもOKです。

ステップ②身体の緊張をほぐす

ぐーっと背伸びをして、身体の緊張をほぐします。
座っていても、立っていてもOKです。

①②ともに、心地よいことがポイントです。

 

やることはこれだけ。
シンプルだけれどとっても効果的な方法です。

緊張やストレスを感じたらどこでもできますので、ご活用いただけたらうれしいです。

 

読んでくださる方々の毎日に『しあわせ、うれしい』と感じる瞬間が増えたり、ご自分のことを大切に感じる(自己肯定)瞬間が増えるような投稿をしていきたいと思っています。

 

*****************

自己肯定感向上コーチ・マインドフルネススペシャリスト あかるかのコーチングセッションはこちらよりお申し込みいただけます。

個人向けのメニューはこちらでご覧いただけます。

*****************

【ビジネスで結果を出すコーチング】比較を手放す

2019年7月23日

自己肯定感向上コーチ・マインドフルネススペシャリストのあかるか(@akalka_coaching)です。

*****************

自己肯定感向上コーチ・マインドフルネススペシャリスト あかるかのコーチングセッションはこちらよりお申し込みいただけます。

個人向けのメニューはこちらでご覧いただけます。

*****************

Instagramをはじめました。よろしければご登録をお願いいたします!

今日は【ビジネスで結果を出すコーチング】をご紹介します。


それは「比較を手放す」です。

 

あの人に比べ自分はできていない…

など、

比較すると自己否定したり落ち込みやすいもの。

 

比較に気づいたら

「その比較は何のため?」

と自分に質問してみましょう。


「相手との違いをはっきりさせ、自分にほしい能力を磨くため」などの理由があるのであればOKですが、比較すること自体にはっきりとした理由がない、または理由にピンとこなければ、その比較は手放してしまいましょう。

 

読んでくださる方々の毎日に『しあわせ、うれしい』と感じる瞬間が増えたり、ご自分のことを大切に感じる(自己肯定)瞬間が増えるような投稿をしていきたいと思っています。

 

*****************

自己肯定感向上コーチ・マインドフルネススペシャリスト あかるかのコーチングセッションはこちらよりお申し込みいただけます。

個人向けのメニューはこちらでご覧いただけます。

*****************

【実績・体験談紹介】赤平産業振興人財育成事業主催 講演会

2014年1月30日

自己肯定感向上コーチ・マインドフルネススペシャリストのあかるか(@akalka_coaching)です。

*****************

自己肯定感向上コーチ・マインドフルネススペシャリスト あかるかのコーチングセッションはこちらよりお申し込みいただけます。

個人向けのメニューはこちらでご覧いただけます。

*****************

Instagramをはじめました。よろしければご登録をお願いいたします!

北海道の赤平市産業振興人財育成事業様よりご依頼いただきました講演会についてご紹介します。

【組織力・コミュニケーション力を引き出す人材育成講演会】

赤平産業振興人財育成事業リーディングスタッフの皆さまが筆頭に今回の企画を立ち上げてくださり、当日は赤平市内・市外より200名を超える方が講演に参加くださいました。スタッフの皆さまのご尽力のお陰で過去最大の参加者数だったそうです。本当に素晴らしい場をありがとうございました。

なんと当日の気温は-20度!人生ではじめての気温でしたが、スタッフの皆さん、参加者の皆さんの熱気で会場は汗ばむほどの盛り上がりでした。

組織力・コミュニケーション力が育まれることで、「無理」と思っていたことが「できるかも!」に変わることは少なくありません。講演での内容を皆さまの日々をより望むものにするために大いにご活用いただけたら幸いです。


講演会のポスター、街中に貼ってくださったそうです。
家族に見せようと記念にいただいて帰りました。
喜んで部屋に貼っております。

スタッフの方より感想をいただきました。

講演を依頼してどうでしたか
講演のテーマとして事前に「組織力・コミュニケーション力」を掲げていましたがこちらの講演内容の依頼を快諾してくださり、とてもスムーズに話を進める事ができました。

事前の打合せはどうでしたか

こちらの手違いでお待たせをしてしまう事になりましたがイヤな顏ひとつせず、私たちを気遣う言葉までいただけました。

始終こちらのペースで話を進めさせていただいた状態でしたが内容を十分把握していただけたと思っています。

講演自体の印象、評価

観客の皆様との距離を縮めながら明るい雰囲気で講演いただきました。
大まかに3点ほど90分の中でお話しいただいたのですがどれもわかりやすい説明でメモも取りやすかったと思います。

参加者・スタッフの反応
スタッフ皆、当日を楽しみにしておりました。
日々、打ち合わせとリハーサルを重ね問題点を洗い出しながらの作業となりましたが裏方として学べたものがたくさんあると思います
講演後の反省会でも今後個人的にも生かせる内容の講演で、今回のこの活動に直接関わる講演内容で遠藤先生をお呼びしてよかったとの発言が多々ありました。
観客の皆様を講演中みていましたが皆様まっすぐ集中しながらステージを見ていました。 
講演会ではよくある「寝る」と言う方がいないのに驚きました。

講演会担当者としての感想

講演内容交渉中も始終楽しい雰囲気でお話しができたのも先生のコミュニケーション力の高さだと思っています。
細かい気遣いなどもいただき、私たちは今回、市の事業の中で素人が企画運営をしたのですが大成功に終わる事ができました。想定していたより、一般参加の観客が多くこれはこの講演会に市民が関心をもっていただけた証拠だと思っています。この関心も講師選択、PRが成功の鍵だったと思います。

別にサクラでも、信者でもありませんが是非、遠藤裕美子氏に講演を依頼してみてください。新しい発見ができる方だと思っています

赤平産業振興人財育成事業リーディングスタッフ
T様

***

1月21日の講演ありがとうございます。
また、遠いところ雪の降る中赤平に来ていただきありがとうございます。
感想ですが喜んでさせていただきます。

最初の東京での打ち合わせできちんと目をみて最後まで話を聞いて目を見てお話をしてくれる事に驚きました。
講演も大変分かりやすくどれも初めて聞く言葉で大変勉強になりました。
今後の自分に生かせると思います。

やってみるという気持ちが大事だとあらためて感じました。
会社の参加者もいい講演だったと話していました。
今回遠藤先生に講演を依頼して本当に良かったと思いました。
お忙しい中、北海道で講演いただき本当にありがとうございました。
  
赤平産業振興人財育成事業リーディングスタッフ
村山様

********************

組織・法人研修についてはこちらよりご覧いただけます。

自己肯定感向上コーチ・マインドフルネススペシャリスト あかるかのコーチングセッションはこちらよりお申し込みいただけます。

個人向けのメニューはこちらでご覧いただけます。

*****************

ページトップへ