【自己肯定感向上コーチング】気になるけど見たくない!に目を向ける

2019年10月29日

自己肯定感向上コーチ・マインドフルネススペシャリストのあかるか(@akalka_coaching)です。

*****************

自己肯定感向上コーチ・マインドフルネススペシャリスト あかるかのコーチングセッションはこちらよりお申し込みいただけます。

個人向けのメニューはこちらでご覧いただけます。

*****************

Instagramをはじめました。よろしければご登録をお願いいたします!

今日ご紹介するのは【気になるけど見たくない!に目を向ける】です。

 

「考えたくない、見たくない。…けれど気になる。」

そんなことってありませんか?

 

例えば・・・

  • 仕事のこと
  • お金のこと
  • 健康のこと
  • 家族のこと
  • 恋人のこと
  • その他

人によって気になる対象はさまざまでしょう。

 

実は、この「考えたくない、見たくない。…けれど気になる。」というのは、気になるものをあえて見ないために必要以上のエネルギーを使っているため、最もエネルギーを浪費している状態と言えます。

 

しかも、「気になるけど見ない」という状態は、

「なんだか不安、恐い」「大変なことになっているのではないか・・・」

といった不安や恐れの感情を引き出します。

 

そこで、今日ご紹介するのが【気になるけど見たくない!に目を向ける】です。

 

見たくないものに目を向けるのは一瞬勇気がいるかもしれません。

ただ、目を向けると想像より大した事ではないと感じたり、不安だった気持ちが消えたり、今何をしたらよいか対処法が明確になる場合も少なくありません。

 
 
不安や恐いと感じる気持ちをぐっと抑え込むというよりは、気になることに目を向けるときに「うう~こわいなぁ」と自分の気持ちを認めることもおすすめです。
 
不安や恐れを感じるのは自然なこと。
 
回避したり抑え込むよりも認め、味わうことで手放しやすくなります。
 
 
 
『不安の9割は起こらない』とも言われています。
 
また、直視したことでもし何か見えたら、そこから対処していくことも可能です。
 
 
もし思い当たることがあったら一歩踏み出してみませんか?
 
 
 
今日は以上です。
お読みいただきありがとうございました。
 
 
 
自己肯定感の向上はお手軽にポンとできるものではありませんが、自分に向き合っていく中で着実に自分への理解が深まり、自分を大切にする機会が増え、自己肯定感は育まれていきます。
 
 
自分を観察することや本音に気づくのは、最初は時間がかかるかもしれませんが、続けていくと自分のことに気づきやすくなっていきます。
 
 
もしひとりだと気づきにくい、どうやったらいいか分からないという方は個人向けの体験コーチンもしていますので、一緒に探ることも可能です。
お気軽にお声がけください。
 
 
これからも読んでくださる方々の毎日に『しあわせ、うれしい』と感じる瞬間が増えたり、ご自分のことを大切に感じる(自己肯定)瞬間が増えるような投稿をしていきたいと思っています。
 
 

*****************

自己肯定感向上コーチ・マインドフルネススペシャリスト あかるかのコーチングセッションはこちらよりお申し込みいただけます。

個人向けのメニューはこちらでご覧いただけます。

*****************

【自己肯定感向上コーチング】予想より実感を重視する

2019年10月18日

自己肯定感向上コーチ・マインドフルネススペシャリストのあかるか(@akalka_coaching)です。

*****************

自己肯定感向上コーチ・マインドフルネススペシャリスト あかるかのコーチングセッションはこちらよりお申し込みいただけます。

個人向けのメニューはこちらでご覧いただけます。

*****************

Instagramをはじめました。よろしければご登録をお願いいたします!

今日ご紹介するのは【予想より実感を重視する】です。

 

「自分はこれをやりたいはず」
 
「これが好きなはず」
 
 
その思いが確かなものになったら行動しようと思うことはありませんか?
 
 
大切なことほど失敗したくないので、ときに必要以上に慎重になることも。
 
ですが、心の確証を待つよりも、気になったら試してみると自分にとってのYES/NOを如実に感じられます。
 
 
ポイントは気軽に試してみることです。
 
 
一度試したからといって最後までやらねばならないわけではありません。
いつだって自由に選びなおすことができるのです。
 
 
やってみて当初の予想と違う感覚を得る事もあるかもしれません。
 
それも大切な発見です。
 
 
「自分には向いてない」「できない」と感じることも、やってみたら意外な才能が開花することもあります。
 
 
【自分のことを一番知らないのは自分自身】と言われることもあります。
 
 
何事も体験第一。
 
ぜひ気軽に、やってみたいと感じたことをやってみていただけたと思います。
 
 
 
今日は【予想より実感を重視する】をご紹介しました。
 
いかがでしたでしょうか?ぜひ試してみてくださいね!
 
 
 
 
自己肯定感の向上はお手軽にポンとできるものではありませんが、自分に向き合っていく中で着実に自分への理解が深まり、自分を大切にする機会が増え、自己肯定感は育まれていきます。
 
 
自分を観察することや本音に気づくのは、最初は時間がかかるかもしれませんが、続けていくと自分のことに気づきやすくなっていきます。
 
 
もしひとりだと気づきにくい、どうやったらいいか分からないという方は個人向けの体験コーチンもしていますので、一緒に探ることも可能です。
お気軽にお声がけください。
 
 
これからも読んでくださる方々の毎日に『しあわせ、うれしい』と感じる瞬間が増えたり、ご自分のことを大切に感じる(自己肯定)瞬間が増えるような投稿をしていきたいと思っています。
 
 
お読みいただきありがとうございました。
 

*****************

11月2日(土)~11月4日(月・振休)
愛の講座~生命力を活性化する~開催します!
お申込み受付中です: https://www.ainokouza.com/

自己肯定感向上コーチ・マインドフルネススペシャリスト あかるかのコーチングセッションはこちらよりお申し込みいただけます。

個人向けのメニューはこちらでご覧いただけます。

*****************

【実践編】欠乏感からの行動をやめて、自分が望む選択をするための3ステップ

2019年10月16日

自己肯定感向上コーチ・マインドフルネススペシャリストのあかるか(@akalka_coaching)です。

*****************

自己肯定感向上コーチ・マインドフルネススペシャリスト あかるかのコーチングセッションはこちらよりお申し込みいただけます。

個人向けのメニューはこちらでご覧いただけます。

*****************

Instagramをはじめました。よろしければご登録をお願いいたします!

 

今日ご紹介するのは【欠乏感からの行動をやめて、自分が望む選択をするための3ステップ】です。

 

  • 自分は不十分だ、足りていない
  • 自分はまだまだ出来ていない

 

など、何をしていても「自分が不十分」な感じがして、もっと頑張らなきゃいけないと感じることはありませんか?

 

欠乏感は、ありのままの自分を認められずに「今の自分ではだめだから、もっと何かしなければ」という感覚です。

 

欠乏感があると、足りないものを埋めるための行動をしようとします。

欠乏感から行動すると仮に足りないとしていたものが埋まって一瞬満足を感じたとしても、次なる欠乏感が生まれます。

なぜなら、「自分は不十分だ」というそもそもの自己否定がシフトしない限り、欠乏感が消えることはないからです。

 

(欠乏感から行動している例)仕事の場面

「自分はまだまだだから、もっと頑張らねば。何でも引き受けて周りの役に立たねば」

などと考え、本来は自分の仕事ではないことまでも、引き受けて疲弊してしまうことはありませんか?

 

(欠乏感から行動している例)パートナーシップ

「自分には魅力や価値がないから、相手に尽くさなければならない」

などと考え、相手に受け入れられるためにいつも相手を優先して、自分を後回しにしていませんか?

それでも受け入れてもらえない場合は「自分のどこが悪いんだろう」とさらに悪循環に陥る可能性があります。

これはとてもつらいことです。

 

では、【欠乏感からの行動をやめて、自分が望む選択をするための3ステップ】をご紹介します。

 

「欠乏感からの行動をやめて、自分が望む選択をするための3ステップ

ステップ1:欠乏感から選ぼうとする自分に気づく

変化を起こすにはまずは現状に気づくことからです。

自分を卑下したり、相手への遠慮から、やりたくないことや意に反することを選択しようとしている自分がいたら、まずはそれに気づきます。

気付くポイントは、何か選択をしたときに「苦しい」感じがしたら、自己犠牲的な選択をしている可能性があります。

 

ステップ2:自分がどうしたいのか、本音を認めることをはじめる

「必要以上の仕事を引き受けるのはいやだ」「もっと大事に扱われたい」など、自分の本音を認めることをはじめましょう。

まずは認めるだけでOKです。
自分の本音を認めていくことは、自己否定から脱却して、自己肯定していくための大切なステップです。

 

ステップ3:自分がしたいことを実際に行動に移す

本音を認めて、実際に「これをしたい」と思うことを行動に移してみます。

例えば、必要以上に引き受けていた仕事があったら、自分の状況を相手に説明をして分担を変えるなど、交渉をしてみます。

またはパートナーとの関わりで、相手に望むことがあったら、我慢して飲み込むのではなく、話し合う機会を設けるなどです。

上記は例ですが、行動することのハードルが高いと感じることをするよりも、まずは自分にとって簡単なところから一歩を踏み出してみましょう

 

以上です。

【欠乏感からの行動をやめて、自分が望む選択をするための3ステップ】をぜひ試してみてくださいね。

 

自己肯定感の向上はお手軽にポンとできるものではありませんが、自分に向き合っていく中で着実に自分への理解が深まり、自分を大切にする機会が増え、自己肯定感は育まれていきます。

自分を観察することや本音に気づくのは、最初は時間がかかるかもしれませんが、続けていくと自分のことに気づきやすくなっていきます。

 

もしひとりだと気づきにくい、どうやったらいいか分からないという方は個人向けの体験コーチングもしていますので、一緒に探ることも可能です。お気軽にお声がけください。

 

これからも読んでくださる方々の毎日に『しあわせ、うれしい』と感じる瞬間が増えたり、ご自分のことを大切に感じる(自己肯定)瞬間が増えるような投稿をしていきたいと思っています。

お読みいただきありがとうございました。

*****************

11月2日(土)~11月4日(月・振休)
愛の講座~生命力を活性化する~開催します!
お申込み受付中です: https://www.ainokouza.com/

自己肯定感向上コーチ・マインドフルネススペシャリスト あかるかのコーチングセッションはこちらよりお申し込みいただけます。

個人向けのメニューはこちらでご覧いただけます。

*****************

ページトップへ