自己肯定感向上コーチング

自己肯定感向上コーチングとは

「自己肯定感向上コーチング」は通常のコーチングに加えて「自己肯定感を育みながら結果を得ていく」のが大きな特徴です。

そもそもコーチングは「得たい結果(ゴール)を明らかにし、結果に向けて必要な行動や方法を明らかにしたり、結果を出すことを妨げている障壁を取り除きながら実際に進んでいく」スキルです。


なぜ自己肯定感向上コーチングなのか

自己肯定感は人生の多くの場面に影響します。

たとえば、

  • 進学や職業の選択
  • 良好な人間関係
  • 目標の達成
  • 自分や他人を信じたり・認めること
  • 日常に喜びや幸せを感じる感覚
  • チャレンジに一歩踏み出す
  • 困難に直面したときに乗り越えられる

など。

 

実は、これらはすべて自己肯定感と繋がっています。

私たちの多くは、子どもから大人に成長するなかで自己肯定感の欠如に繋がる体験をします。

 

例えば、

  • 容姿を否定される
  • 兄弟、姉妹で優劣をつけられる
  • やる前から無理と決めつけられる
  • 自分らしくいることを否定される
  • 失敗を責められる

など。

 

その結果、

  • 自分の限界を低く見積もる
  • 自分は不十分な人間だと考える
  • 理想的な人間になったらはじめて自分を肯定できると信じ込む

 

このように、子どもから大人に成長するなかで自己肯定感の欠如に繋がる体験をすることで、自分への「誤解」が生じ、自己肯定感が育まれるのを阻み、本来得られるはずの結果への障壁となります。

 

自己肯定感向上コーチングではこれらの誤解を解き、自己肯定感が育まれる土台を作っていきます。

 

自己肯定感向上コーチングですること

「自己肯定感向上コーチング」は、以下の3つのプロセスで得たい結果(ゴール)を明らかにし、自己肯定感を育みながら結果を得ていきます。

 

①コーチとの会話で長年の自分への誤解を解く

②具体的な行動をする

③結果を出す

 

コーチと会話したことから、実際にできることを行動に移して目標(ゴール)を目指します。

自己肯定感は「自分に価値がある」とアタマで信じ込むことではありません

目標(ゴール)に向けて行動し結果を出すなかで課題を乗り越えたり、長年の自分への誤解が解けたり、あらたな自分を発見します。その自分は想像をこえるほど力強いかもしれません。

それらすべての体験を通して

「自分は価値ある存在だ、自分を無条件に信頼できる」

という感覚が育まれていくのです。

自己肯定感向上コーチングで扱う目標(ゴール)は多岐にわたります

たとえば、

  • ビジネスで成果を出す
  • 昇進試験を受ける
  • 転職する
  • 起業する
  • 夢をかなえる
  • 幸せな恋愛をする
  • 子どもの自己肯定感を育む関わりができるようになる

など様々です。

 

自己肯定感向上コーチングがおすすめな方

自己肯定感向上コーチングがおすすめかどうかの10のチェックリストです。

6個以上当てはまる方は自己肯定感向上コーチングをおすすめします。

 

 □①自己肯定感が低いと感じている

 □②いつも人を優先して自分を後回しにしてしまう

 □③他人の目が気になる

 □④どんなに仕事を頑張っても物足りなさや虚しさを感じる

 □⑤やりたいことがあるが自信がなくて行動できない

 □⑥人生に漠然とした不安がある

 □⑦自分の得意なこと、能力を知りたい

 □⑧思うような恋愛ができない

 □⑨大切な人、パートナーと良好な関係を築きたい

 □⑩もっと気楽に色んなことを楽しみたい

チェックリストにいくつチェックがつきましたか?

 

自己肯定感向上コーチングで期待される結果(一例)

以下は自己肯定感向上コーチングで期待される結果の一例です。

  • 得たい結果を手に入れる
  • 自己肯定感が高まる
  • 他人の目から自由になり、自分がしたいことをできるようになる
  • 自分や他者への信頼が増す
  • 自分の本心、本音を感じられるようになる
  • 自分の意見を自分と相手に敬意をもって伝えられるようになる
  • お互いの違いを認められるようになる
  • 本音で話せる人間関係を築けるようになる
  • やりたいことにチャレンジする意欲と行動力
  • 人生において大切にしたいことがはっきりする
  • うれしさ、喜びを感じることが増える

自己肯定感向上コーチング開始までの流れはこちらのページをご覧ください。


※本サイトに掲載されている文章・図の無断転載・使用はすべてお断りしております。
表現している内容はすべて「自己肯定感向上コーチあかるか」がこれまでコーチとして創り上げてきた背景・知見によって構成されている知的財産であるとともに、あずかり知らないところで内容が流布されることによる誤った伝わり方によりご覧になる方が自己肯定感を育む上でデメリットが生じることを防ぐ意図からです。何卒ご理解くださいますようお願いいたします。

お問い合せ
ページトップへ